ザボン/朱欒/ざぼん

ザボンの意味

ザボンとは、ミカン科の常緑小高木。アジア南部原産。果皮は厚く、砂糖漬けにする。果肉は淡黄色で、やや苦味がある。文旦(ぶんたん)。

ザボンの由来・語源

ザボンは、ポルトガル語の「zamboa」から。
当初は、「ザンボア」や「ザンボ」と原語に近い呼称であったが、転じて「ジャボン」となり、「ザボン」になった。
これには、ザボンの粘液が水に溶けた石鹸のように泡が立つことから、「シャボン」との混同で「ジャボン」になったとする説と、単に発音のしやすさから転じたとする説がある。

ザボンの漢字「朱欒(しゅらん)」は、漢名から。
江戸時代には、ザボンに「座梵」という当て字も使われていた。

【関連リンク】
ザボンのカロリー・栄養成分表

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。