元旦/がんたん

意味

元旦とは、元日の朝。元朝。元日。

元旦の語源・由来

元旦の「元」は「はじめ」の意味。
「旦」は「」が「太陽」、その下の横が「地平線」で、地平線から太陽が現れることを示し、「日の出」や「朝」の意味をもつ。
つまり、一年の最初の朝なので、元日の朝を意味する。
このようなことから、元日(一月一日)の意味で元旦を使うのは誤りといわれるが、古くから、元旦は元日の意味でも用いられており、朝に限って使われる言葉ではない。
朝は一日の始まりを表す言葉で、一年の始まりという意味では、1月1日は一年の朝である。

元旦の類語・言い換え

歳旦/年の朝/朔旦/初旦/正旦/大旦/元朝/初朝/履端/鶏旦/鶏日/三朝/三つの朝/元日/一月一日/正月一日/正朔/元正/元三/三元/三始/四始/春の旦/聖旦/初暁/改旦/正月/年始/新年/新春/年初/年頭/年明け/年初め/年の初め/年の最初/年度初め/歳始

関連リンク

TOP