フヨウ/芙蓉/ふよう

意味

フヨウとは、アオイ科の落葉低木。からにかけ、淡紅色やをつける。

フヨウの語源・由来

フヨウは、元禄時代(1688~1704年)以前に中国から渡来したといわれ、名前は中国名の「芙蓉」に由来する。
芙蓉は、本来、大きな花の形を意味し、唐以前は「ハス」を表していた。
楊貴妃を「芙蓉如面柳似眉(面は芙蓉の如く、に似る)」とたとえた芙蓉も「ハス」のことで、『源氏物語』の「太液の芙蓉」も楊貴妃にちなんだ「太液池のハス」からの引用である。
本種のフヨウは、ハスに似ていることからの名で、唐代までは「木芙蓉(もくふよう)」と呼ばれていたが、宋代以降、略して「芙蓉」となった。

フヨウの別名・類語

木芙蓉/キハチス/ハイビスカス

TOP