バジル/basil

バジルの意味

バジルとは、シソ科の一年草。インド原産。香辛料としてイタリア料理に使用される。バジリコ。目箒(メボウキ)。

バジルの由来・語源

バジルは、英語「basil」からの外来語。
「basil」は、「王らしい」を意味するラテン語「basilicum」に由来し、ギリシャ語で「王」を意味する「basileus」や、「王らしさ」を意味する「basilikon」と同系の語である。
高貴な香りがすることや、貴族が香料に用いたことから、王のような高貴なという意味で名付けられたといわれる。
ラテン語がフランス語に入って「basile」となり、それが英語に入って「basil」となった。
現在、フランス語では「basilic(バジリク)」と呼ばれ、日本で「バジリコ」と呼ぶのはイタリア語「Basilico」からである。
想像上の生物で「ヘビの王」と呼ばれる「バジリスク」が、フランス語では植物のバジルと同じ綴りの「basilic」で、ギリシャ語の「basileus」に由来するため、バジルの語源を「バジリスク」からとする説もある。
しかし、同源というだけで直接関係するものではない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。