アニス/anise

    意味

    アニスとは、セリ科の一年草。地中海地域西部からエジプトの原産。は薬用・香味料にする。

    アニスの由来・語源

    アニスは英語「anise」からの外来語で、フランス語では「anis」、ドイツ語では「Anis」という。
    アニスの語源は、ギリシャ語で「アニス」と「ディル」の両植物を指す「anison」に由来するが、「anison」の語源は不明。
    「anison」がラテン語に入り、アニスが「anisum」、ディルが「anethum」と区別されるようになり、13世紀頃にフランス語に入って「anis」、英語では「anise」となった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。