痣/あざ

意味

あざとは、色素細胞の異常増殖や皮下出血によって、皮膚がなどに変色した部分。

あざの由来・語源

あざは、「あざやか(鮮やか)」と同源。
古くは、「際立っていることもの」や「どぎついもの」を「あざ」と言い、「はっきりしていること」「鮮やかであること」を「アザアザ(鮮鮮)」といった。
現代では皮膚が変色した部分を「あざ」と言うが、は「ほくろ」「こぶ」「いぼ」など、皮膚にできるものの総称として「あざ」が用いられた。

「あざ」の漢字「痣」は、病垂れに「(誌)」と書く。
「志」は「しるし」の意味で、「痣」は皮膚にしるしを残すほくろを表し、「ほくろ」の漢字に「痣」が用いられることもある。


TOP