嵐/あらし

意味

嵐とは、激しく吹く。暴風。を伴なう荒れ狂った風にもいう。

嵐の由来・語源

嵐は、「あらし(荒風)」と考えられる。
形容詞「荒し」の名詞化とも考えられるが、「かぜ(風)」の「ぜ」と同じく、「し」は「風」の意味であろう。
古くは、山から吹きおろしてくる風を「あらし」と呼んでおり、『万葉集』などでは「山風」「下風」「山下」などの漢字が当てられている。
山から吹き下ろす風を「あらし」と言い、アクセントも「おろし(颪)」と同じであることから、「おろし」との関係も考えられる。

「嵐」の類語・言い換え

1

2

TOP