矢も盾もたまらない/やもたてもたまらない

矢も盾もたまらないの意味

矢も盾もたまらないとは、一途に思いつめて、気持ちが抑えきれない。気がせいて、じっとしていられない。

矢も盾もたまらないの由来・語源

矢も盾もたまらないは、抑えられない自分の気持ちを外部からの攻撃に喩えた言葉
矢で攻めても盾で防いでも、どうにも相手の勢いを止めることができないところからである。
「たまらない」は「堪らない」と書き、「耐えられない」の意味。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。