ヤグルマソウ/矢車草/やぐるまそう

ヤグルマソウの意味

ヤグルマソウとは、ユキノシタ科の多年草。深山の林中に自生する。ヤグルマギクの別名。

ヤグルマソウの由来・語源

ヤグルマソウは、五枚の小葉の形が矢車に似ていることから付いた名前である。
矢車とは、端午の節句に揚げる鯉のぼりの竿の先で、を受けて回転するよう矢羽根を放射状につけたもののこと。
キク科の一年草のヤグルマギクが「ヤグルマソウ」と呼ばれていたこともあったが、本種と混同しないよう、現在では「ヤグルマギク」で統一されている。
鯉のぼりの矢車

「ヤグルマソウ」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。