露払い/つゆはらい

    意味

    露払いとは、相撲横綱の土俵入りの時、先導して土俵に上がる力士

    露払いの語源・由来

    露払いは、蹴鞠(けまり)に由来する。
    公家が蹴鞠の会を行う際、まず鞠を蹴って周囲に植えられたの露を払い落すことや、それを行うを「露払い」と言った。
    転じて、「露払い」は貴人の先に立って道を開く人を指すようになり、行列などの先導をすることや、先導する人の意味となった。
    そこから更に転じて、横綱の先導役をつとめる力士を指すようになった。
    遊芸などで最初に演じることや、その演じる人も「露払い」と言う。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。