オランウータン/orangutan

オランウータンの意味

オランウータンとは、ヒト科オランウータン属に分類される哺乳類の一属。

オランウータンの語源・由来

オランウータン(orangutan)は、マレー語で「オラン(orang)」が「」、「ウータン(utan)」が「森」を意味し、「森の人」という意味。
元々は森の奥に住む原住民をいった語だが、動物の名に転じた。
「オランウータン」の語は、江戸時代にオランダ語を通して日本に入った。
「オラウータン」と呼ばれたり書かれたりすることも多いが、発音しにくいことから「オラウータン」と呼ぶようになったもので、正しくは「オランウータン」である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。