角隠し/つのかくし

角隠しの意味

角隠しとは、婚礼で和装の花嫁がを覆う被り物。絹。裏は紅絹。

角隠しの由来・語源

江戸時代、能楽での生霊が嫉妬で鬼形になることから、また怒りの形相が角を生やしたに似ていることから、「つの(角)」の語は女性の嫉妬や怒りの喩えに用いられた。
角の意味から見た場合、被る目的は花嫁の嫉妬心を抑えるためで、語源もその意味からと考えられる。
しかし、先に風習があり、後から言葉が生まれた可能性もある。
このような物を被る習慣が先にあったとすれば、のすみ(角)を隠すところから「すみ隠し」と呼ばれていたものが、先の「つの」と関連付けられ、「つの隠し」に変化したと考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。