トリュフ/truffe

トリュフの意味

トリュフとは、子嚢菌類セイヨウショウロ目の地下生キノコ。独特の芳香があり、フランス料理で珍重される。キャビアフォアグラと並び、世界三珍味のひとつに数えられる。トリフ。

トリュフの由来・語源

トリュフ(truffe)はフランス語で、英語では「truffle(トゥラッフル)」という。
塊茎を意味する古典ラテン語「tuber」が、古代イタリア語地方語で「tufer」になり、「truffa」を経てフランス語で「truffe(トリュフ)」になった。
ドイツ語でジャガイモを「kartoffel(カルトッフェル)」といい、トリュフと同じく地下の塊茎とみたことによる名で、命名上では「トリュフ」とドイツ語の「ジャガイモ」は同類となる。

チョコレート菓子のトリュフは、形がこのキノコに似ていることから名付けられたもの。
チョコレートの中にトリュフが入っているわけではない。

トリュフチョコレート

トリュフチョコレート

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。