凧/紙凧/たこ

凧の意味

凧とは、などの骨組みに紙を張り、糸をつけ、それを引きながらを利用し、空高く揚げるもの。

凧の由来・語源

凧を「タコ」と呼ぶのは関東方言で、関西方言では「イカ」と呼ばれ、18世紀後半の方言集『物類称呼』には「イカノボリ」の例も見られる。
凧が「タコ」や「イカ」と呼ばれ始めた由来は、紙の尾を垂らして揚がる姿が、「蛸(タコ)や「烏賊イカ)」に似ていることからと考えられる。
中国では凧が漢代から「紙鳶(しえん)」として用いられ、平安時代初頭に日本へ伝来した。
現代でも「凧」が「紙鳶」と表記されることもあり、938年成立の『和名抄』には「紙老鴟(しらうし)」としてあげられている。
「鳶」や「鴟」は、の「トビ(トンビ)」のことで、紙製のトビを意味する。
「タコ」の呼称が出現するのは、江戸時代以降のことである。
漢字の「凧」は国字で、風と巾(の意)の合字である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。