硯/すずり

すずりの意味

すずりとは、ですりおろすために使う、や瓦で作った道具。

すずりの由来・語源

すずりは、「墨磨り(すみすり・すみずり)」の略と考えられている。
漢字の「硯」は、呉音・漢音ともに「ゲン」、慣用音では「ケン」で、「石」+音符「見」からなる形声文字。
「見」の原義とは関係なく、「研」と同系の文字である。
奈良時代や平安時代のすずりは陶磁製が多かったが、平安時代中頃から中国の流行に伴なって、石のすずりが作られるようになった。
中国で硯は、・墨・紙とともに文房四宝のひとつとされる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。