素人/しろうと

意味

素人とは、ある物事に経験の少ないや、職業・専門としていない人。未熟な人。

素人の由来・語源

素人は、平安時代には「人(しろひと)」と言い、白塗りをしただけで芸のない遊芸人を指す言葉であった。
室町時代には「しらうと」となり、江戸時代に「しろうと」と音変化したといわれる。
漢字が「白人」から「素人」に転じた由来は未詳だが、「素」には「ありのまま」という意味の他に、平凡さを軽蔑する意味も含まれているため、「素」の字が使われ「素人」になったと考えられる。


TOP