お株を奪う/おかぶをうばう

意味

お株を奪うとは、あるが得意とすることを他の人がそれ以上に上手くやってのける。

お株を奪うの語源・由来

お株は、その人が得意とする技や芸、特有の癖のこと。
お株を奪うは、得意とすることを奪うのであるから、その人以上に他の者が上手くやってのけることの意味となる。

お株が得意とすることを意味するのは、江戸時代の「株仲間」に由来する。
株仲間は、幕府や諸藩の許可を得て結成された商工業者の同業組合のことで、その仕事をするための権利を「株」といった。
「株」は専売特許のようなものであったことから、その人の得意とする技や芸を表すようになった。

お株を奪うの類語・言い換え

お株を取る/十八番を奪う/技を盗む/上手くやってのける/上手くやり遂げる/凌駕する/人気をさらう/取って代わる/入れ替わる/交替する/霞ませる/目立たなくする/影を薄くする/主客転倒

TOP