ミズキ/水木/みずき

意味

ミズキとは、ミズキ科の落葉高木。山地に自生し、5~7月、が散房花序につく。材はやや軟質で細工しやすいため、こけしなどに用いられる。

ミズキの語源・由来

根からを吸い上げる力が強く、早春に枝を切ると、水のような樹液が多量に流れ出ることから、「ミズキ」の名がある。
樹液が多いため、火災予防としてに植えたりもする。

ミズキの別名・類語

クルマミズキ/ハシノキ

TOP