口裏を合わせる/くちうらをあわせる

    意味

    口裏を合わせるとは、向きに言うことが矛盾しないよう示し合わせること。

    口裏を合わせるの語源・由来

    「口裏」の語源は、言葉を聞いて吉凶を占うことで、本来「口占」と書く。
    「口占」の意味が派生し、言葉や話し方に隠されているもの(本心)の意味となり、「本心=裏」で「口裏」と書かれるようになった。
    「口裏を合わせる」は、本心や本当のことを推測されないよう、あらかじめお互いの発言を合わせておくことからといわれる。
    しかし、単に「裏で口を合わせる」の意味で使われ始めたとも考えられ、単語の「口裏」と関係ない可能性もある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。