キクラゲ/木耳/きくらげ

    意味

    きくらげとは、キクラゲ目キクラゲ科のキノコ。枯れに群生する。暗褐色。ゼラチン質だが乾燥すると縮み、軟骨質になる。主に中華料理に用いる。

    きくらげの由来・語源

    きくらげは、干したクラゲに味が似ていることから、樹木に生えるクラゲの意味で名付けられた。
    漢字の「木耳」は漢名からの用字で、「きくらげ」という音の成り立ちとは異なる。
    漢名の「木耳(ムーアル)」は、形が人間の耳に似ていることからで、「木の耳(きのみみ)」という別名もある。
    1603年刊『日葡辞書』にも、きくらげの別名として「耳茸(みみたけ)」という名を挙げており、日中とも耳に喩えていることが分かる

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。