怪我/けが

意味

けがとは、不注意などのため、を負うこと。また、その傷。負傷。

けがの語源・由来

けがの語源は、「けがる・けがれる(穢る・穢れる)」の語幹からと考えられる。
「怪我の功名」や「慣れないことに手を出して怪我をする」など、けがは「思わぬ過ち」や「過失」、「思いがけない災難」などの意味で用いられる。
これらの表現は「負傷」の意味からたとえたものではなく、本来、けがが「過ち」などの意味に用いた言葉で、そこから不注意のため体に傷つけることや、その傷の意味で使われるようになったのである。
漢字で「怪我」と書くのは当て字。

けがの類語・言い換え

負傷/手負い//痛手/傷痍/損傷/やけど/死傷/ダメージ/故障

けがをするの類語・言い換え

傷つく/傷める/を負う/手傷を負う/負傷する/手負いになる/ダメージを負う/ダメージを受ける

関連リンク

TOP