カビ/黴/かび

カビの意味

カビとは、菌類のうちキノコを生じないものの総称。主に糸状菌。飲食物・衣服・器具などの表面に発生する。

カビの由来・語源

カビの語源は、発酵する意味の「カモス(醸す)」の元の形「カム(醸)」の異形が「カブ(醸)」で、発酵してカビが生えることを「カブ」といい、その連用形から名詞に転じたとする説が有力である。
ただし、『古事記』の「葦牙の如く萌え騰る物に因りて」に見られる「牙」は「カビ」と読み、植物の芽を意味しており、「黴」と同源と考えられる。
「牙」が「黴」と同源となると、「醸す」を語源とするのは難しい。
「牙」を考慮すると、が立ってのように見えるところから「カハミ(皮見)」とする説や、「カ」が「上」を表し、「ヒ(ビ)」が胎芽を意味する「イヒ」とする説が有力であろう。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。