甚平/じんべい

甚平の意味

甚平とは、半袖・筒袖で丈が短く、襟先と脇についたを結んで着る着物。男子の夏の室内着として用いられる。

甚平の由来・語源

甚平は「甚兵衛(じんべえ)」とも書き、「甚兵衛羽織」に由来する。
甚兵衛羽織とは、下級武士向けの木綿綿が入った袖なし羽織で、陣羽織を真似てつくられた「雑兵用陣羽織」の意味から、「陣兵羽織」で「甚兵衛羽織」になったとされる。
その甚兵衛羽織を着物仕立てにしたものが「甚兵衛」である。
つまり、「甚平」という語が成立するまでの変化は、「陣羽織」⇒「陣兵羽織」⇒「甚兵衛羽織」⇒「甚兵衛」⇒「甚平」である。
その他、甚平の語源には「甚兵衛」というが作ったとか、甚兵衛さんがよく着ていたからといった説もあるが、単に字面から言われたもので根拠らしきものはない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。