インゲンマメ/隠元豆/いんげんまめ

    意味

    インゲンマメとは、マメ科の一年草。アメリカ原産。ざやは長く、未熟果をさやごと、また熟した種子を食用とする。関西方言ではフジマメの別名。五月ささげ。菜豆。三度豆。

    インゲンマメの由来・語源

    インゲンマメは、南アメリカからヨーロッパを経由して中国へ伝わり、明の僧であった隠元禅師が、1654年(承応3年)に来日した際、日本へ持ち込んだことから「隠元」の名がついたといわれる。
    隠元禅師が日本に伝えたのはフジマメ(藤豆)ともいわれるが、フジマメは平安初期から「アヂマメ」という名で存在している。
    そのため、以前から存在したものを改めて「隠元」の名を付けるとは考え難く、隠元が伝えたのは一般にいう「インゲンマメ」との見方が強い。
    インゲンマメは、豆の形が腎臓に似ていることから、英語では「kidney bean(kidney=腎臓)」と呼ばれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。