商い/あきない

    意味

    商いとは、売買すること。商売。売り上げ。

    商いの語源・由来

    商いの古形は「あきなひ」で、動詞は「あきなふ」。
    商人を「あきひと」と言ったことから、「あきなふ」の語構成は「あき」と「なふ」であることがわかる
    「なふ」は「おこなふ(行う)」や「おぎなふ(補う)」などの「なふ」と同じく、動詞をつくる接尾語である。
    商いの語源は、農民の間で収穫物や織物などを交換する商業が、に行われたことから「秋なふ(秋なう)」から動詞「あきなふ」が生まれ、「あきない」になったとする説が定説となっている。
    しかし、物を買い求めたり、何か別のものを代償としてに入れる意味の「購う・贖う(あがう・あがなう)」と同源とも考えられ、商いの語源は「秋」が正しいとは言い切れず、正確な語源は未詳である。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。