雪/ゆき

雪の意味

雪とは、気温が摂氏0度以下の大気の上層で、雲中の水蒸気が結晶して地上に降るいもの。

雪の由来・語源

雪の語源は、以下の通り諸説ある。
「神聖であること」「いみ清めること」を意味する「斎(ゆ)」に、「潔白(きよき)」の「き」。
「潔斎(けっさい)」を意味する「斎潔(ゆきよし)」から。
「緩水(ゆるやかひ)」や「冷気(ひゆけ)」の転、「深雪(みゆき)」の上略。
雪は古くから信仰の対象とされており、大雪のは豊年の兆しと考えられていた。
そのため、「斎(ゆ)」に「潔白(きよき)」の「き」。もしくは、「斎潔(ゆきよし)」の説が有力とされている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。