弥助鮨/弥助寿司/やすけずし

意味

弥助鮨とは、釣瓶鮨の異称。吉野鮨。

弥助鮨の由来・語源

弥助鮨の名は、竹田出雲の歌舞伎狂言『義経千本桜』に由来する。
平維盛が吉野のすし屋「弥助」で雇人となる。
維盛の 重盛の世話になった弥助は、敵を欺くために「弥助」の名を維盛に譲り、自身は「弥左衛門」と称した。
このすし屋が釣瓶鮨を作っていたことから、「弥助鮨」と呼ばれるようになった。
花柳界などで「すし」を「弥助」と呼ぶのも、このすし屋の名前からである。
現在の奈良県下市町にある鮨の老舗「つるべすし 弥助」は、『義経千本桜』の舞台となったとして知られる。


TOP