割を食う/わりをくう

割を食うの意味

割を食うとは、不利になる。損をする。

割を食うの語源・由来

割を食うの「割」は、割り振ることや割り当てることの意味から転じ、役割や分配金、さらにその損得の具合を意味するようになった語。
得をする場合には「割がいい」や「割に合う」と用い、損をする場合は「割が悪い」「割に合わない」などと用いる。
割を食うの「食う」は、他からある行為を受ける意味で、特に「肩透かしを食う」「お目玉を食らう」など、好ましくない行為を受ける際に用いられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。