チョウザメ/蝶鮫/ちょうざめ

    意味

    チョウザメとは、チョウザメ目チョウザメ科のの総称。

    チョウザメの由来・語源

    チョウザメは、「サメ」とは付くがサメの形状に似ていることから付いた名で、サメの仲間の軟骨魚ではなく硬骨魚である。
    体表には硬くて大きい菱形のが五列並んでおり、その鱗が蝶の形をしているので、「チョウザメ」と呼ばれるようになった。
    は「皇帝の魚」として献上品とされるほどの美味で、キャビアと呼ばれる漬けは珍味として名高い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。