トウダイグサ/灯台草/とうだいぐさ

意味

トウダイグサとは、トウダイグサ科の二年草。日当たりのよい道端や畑などに生える。有毒。スズフリバナ

トウダイグサの由来・語源

トウダイグサの「トウダイ」は、岬などに建てられる航路標識の灯台ではなく、昔の屋内照明器具の燈台(燈明台)のこと。
トウダイグサは上に伸びたの先に椀状のがあり、その中に黄色が咲く様が、油火を灯した燈台に似ていることからこの名が付いた。


TOP