タツノオトシゴ/竜の落し子/たつのおとしご

意味

タツノオトシゴとは、トゲウオ目ヨウジウオ科タツノオトシゴ属の海水魚の総称。沿岸の藻場に多く、尾を海藻に巻き付けて休んだり、を直立させ浮遊する。

タツノオトシゴの語源・由来

タツノオトシゴの「タツ」は、想像上の動物である「たつ)」のこと。
一見、に見えないその姿は、天上の竜がに産み落としたのようであることから、「タツノオトシゴ」の名が付いた。
に似ていることから、「海馬(かいば・うみうま)」「馬魚」「馬の子」「馬の顔」などの別名もあり、英名でも「シーホース」と呼ばれるが、全体の様子は竜であり、「タツノオトシゴ」の方がふさわしい

タツノオトシゴの別名・類語

タツノコ/タツノコマ/タツノオロシゴ/タツノステゴ/タツガシラ/リュウグウノウマ/カイバ/ウミウマ/ウマウオ/ウマノコ/ウマノカオ/ウマヒキ/ジャノコ/ミズチノコ/オクジノマエ/シーホース

TOP