三和土/たたき

    意味

    三和土とは、玄関台所などの土間。

    三和土の語源・由来

    三和土は、現代では単に「土間」を意味し、コンクリートなどで仕上げたものを言うことが多いが、古くは、土に石灰・にがりなどを混ぜて固めた土間のことを言った。
    漢字の「三和土」は、これら三種類のものを混ぜ合わせることからの当て字である。
    三和土に用いる土は、花崗岩(かこうがん)等が風化したもので、叩いて固めることから「叩き土(たたきつち)」と呼ばれ、「たたきつち」を略した語が「たたき」である。
    「たたき」や「叩き土」は、江戸時代から用例が見られる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。