シャクナゲ/石楠花/石南花/しゃくなげ

意味

シャクナゲとは、ツツジ科の常緑低木の総称。深山に自生する。は大形の長楕円形で光沢がある。、淡紅色のをつける。園芸品種が多く、野性の変種も数多い。

シャクナゲの由来・語源

シャクナゲは、「石南花」を呉音読みした「シャクナンゲ」が転じた名前
「石南」と書くのは、の間に生え、向きの土地を好むことからである。
ただし、語源は漢名からであるが、中国でいう「石南」は日本の「シャクナゲ」とは異なる品種で、誤って名付けられたといわれる。
その他、シャクナゲの語源には、「尺にも満たないから」や「癪に効くから」という説もあるが、いずれも俗説である。


TOP