雀鮨/雀寿司/すずめずし

雀寿司の意味

雀寿司とは、小鯛(こだい)を背開きにし、腹中にすしを詰めたもの。大阪・和歌山の名物。

雀寿司の由来・語源

雀寿司は、現在では小鯛を用いるのが普通であるが、元々はボラの幼魚「江鮒(えぶな)」を開いてにすし飯を詰めたものであった。
そのすし飯を詰めて膨らんだ腹や、ピンと張ったヒレの形が、スズメに似ていることから、この名が付いた。
江戸前期の俳書『毛吹草』(1645年刊)には、大阪名物として江鮒を用いた「雀鮨」が紹介されている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。