ソメイヨシノ/染井吉野/そめいよしの

ソメイヨシノの意味

ソメイヨシノとは、サクラの一種。オオシマザクラとエドヒガンとの雑種。日本の代表的な

ソメイヨシノの由来・語源

ソメイヨシノは、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が江戸時代末期に品種改良した園芸品種で、明治以降全国に広まった。
染井村にちなんだ名前であるが、当初は「ソメイヨシノ」でなはなく、奈良県山岳部の桜の名所「吉野山」にちなんで、「吉野桜」と命名されていた。
しかし、吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名は誤解を招くとして、明治33年(1900年)、上野公園の桜を調査した藤野寄命博士が「染井吉野(ソメイヨシノ)」と命名し、『日本園芸雑誌』に発表したことに由来する。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。