節分/せつぶん

節分の意味

節分とは、立春の前日のこと。

節分の由来・語源

節分は、季節の分かれ目の意味で、元々は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれの前日をさしていた。
特に、節分が立春の前日をさすようになった由来は、からになる時期を一年の境とし、現在の大晦日同じように考えられていたためである。

立春の節分にをまく「豆まき」の行事は、「追儺(ついな)」と呼び、中国から伝わった風習である。
「追儺」の行事は、俗に「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」「厄おとし」「厄神送り」と呼ばれ、疫病などをもたらす悪いを追い払う儀式で、文武天皇の慶雲3年(706)に宮中で初めて行われた。
一般的に豆まきに使う豆は炒った大豆であるが、豆まき後の掃除が簡単なことや、まいた豆も食べられることから、地方によっては落花生を用いるところもある。

節分にいわし)のヒイラギ)の小枝に刺して戸口に挿す風習は、近世以降行われるようになったもので、これも魔除けのためである。

節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)に向かって巻き寿司(恵方巻き)を丸かぶりするようになった。
主に大坂の船場で行われていた風習だが、大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った「巻き寿司のまるかぶり」のPRイベントがマスコミに取り上げられて関西地方に広まり、のちにコンビニ等でも販売され全国へ広まっていった。

「節分」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。