上がり/あがり(お茶)

あがりの意味

あがりとは、すし屋などの料理屋で、煎じたばかりのお茶。また、一般にお茶。出花。

あがりの由来・語源

あがりは「上がり花(あがりばな)」の略で、元は遊郭の言葉
「お茶を挽く(お茶挽き)」という言葉は、客のつかいない遊女や芸者が暇を持て余していることを意味するため、遊郭では「お茶」を忌み嫌う。
そのため、「客があがる」という縁起を担いで、「お茶」を「あがり」と言うようになった。
あがり花の「花」は「最初」のこと。
「出たばかり」という意味の「出端」と「」を掛けた、「出花(でばな)」と同様である。
最初のお茶を「出花」、最後に出すお茶を「あがり花」と言っていたとする説があるが、「出花」も「あがり花」も最初に出すお茶のことで、あがりの意味が変わった訳ではない。
この説は、すごろくなどで「ゴール」を表す「あがり」と同義と捉えたことから、「あがり花」を最後と勘違いされたものであろう。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。