サナダムシ/真田虫/さなだむし

意味

サナダムシとは、扁形動物の条虫の俗称。は扁平でひも状。人畜の腸に寄生する寄生虫。

サナダムシの語源・由来

サナダムシの名は、平たい体節部の形状が真田紐に似ていることから名付けられた。
徳川家康が「真田は虫になってまでも、なお、この家康を苦しめる」と言って、この寄生虫に苦しみ嘆いた事から付いた名とする説もあるが、有力とはされていない。

TOP