ライ麦/ライむぎ

ライ麦の意味

ライ麦とは、イネ科の一年草、または越年草。カフカス・小アジア原産。は製粉してパンの材料とされ、麦芽はウォッカやウィスキー、ビールなどの原料となる。

ライ麦の由来・語源

ライ麦の「ライ」は、英語「rye」に由来する。
英語の「rye」は単独で「ライ麦」を意味するが、日本語に翻訳する際、麦の一種とわかるように「麦」が付加され「ライ麦」となった。
ライ麦が日本に導入されたのは、明治初期のことである。
「rye」の語源は、古英語「ryge」に由来する。
そこから、印欧基語の「wrughyo」までさかのぼることは出来るが、「wrughyo」も「ライ麦」を意味し、それ以前のことは不明である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。