ニッケル/nickel

ニッケルの意味

ニッケルとは、鉄族元素のひとつ。元素記号「Ni」 原子番号28。原子量58.69。銀白色の強磁性固体金属。耐食性が高いため、合金・メッキ・硬貨の原料などに利用される。

ニッケルの由来・語源

ニッケルは、スウェーデンの化学者で鉱物学者であるアクセル・クロンステットが、1751年に単体分離した。
「ニッケル」の名は、ニッケル鉱石が銅鉱石に似ていながら銅を分離できないことから、ドイツ語で「Kupfernickel(悪魔の銅・魔法にかけられた銅の鉱石)」と呼ばれていたことにちなみ、「Kupfer(銅)」を除いて「nickel」としたものである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。