ネコババ/猫糞/ねこばば

ネコババの意味

ネコババとは、悪事を隠して知らんぷりすること。特に、拾った物を密かに自分の物にすること。

ネコババの由来・語源

ネコババは、をした後に砂をかけて隠すことから喩えたもの。
「糞(ばば)」は、大便など汚いものを指す幼児語である。
江戸時代後期頃から用いられた語と思われ、それ以前に「ネコババ」の用例は見られない。

ネコババの本来の漢字表記は「猫婆」で、猫好きの老婆を語源とする説もある。
この説は、猫好きの老婆が借金をなかなか返さなかったことから、知らんぷりする意味に転じたとするものである。
しかし、ネコババが方言から広まった語であれば、この説も考えられるが、一人の猫好き老婆の行動が全国的に使われる言葉になるとは考え難い。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。