埴輪/はにわ

意味

埴輪とは、古墳時代に古墳の上や周囲に並べられた素焼きの土製品。円筒埴輪と形象埴輪に大別される。

埴輪の語源・由来

埴輪の「埴(はに)」は、黄色のきめ細かい粘土のこと。
埴輪の「輪(わ)」は、輪のように並べて立てたことからとする説と、初期の埴輪は筒形の「円筒埴輪」が中心であったため、その形状からとする説がある。

【関連リンク】
「土偶」と「埴輪」の違い


TOP