梨の礫/なしのつぶて

    意味

    なしのつぶてとは、連絡をしても返事のないこと。便りのないこと。

    なしのつぶての語源・由来

    なしのつぶての「礫(つぶて)」は、投げる小石の意味。
    投げた小石は返ってこないことから、つぶてのように音沙汰がないことを「なしのつぶて」と言うようになった。
    漢字では「梨の礫」と書くが、「」は「無し」に掛けた語呂合わせで特に意味はない。
    ただし、「無しの礫」では「何も無いものを投げること」になって意味をなさないため、形のある「梨」を用いて「梨の礫」としている。
    「つぶて」の使用が少ない割に「なしのつぶて」の使用が多い理由は、見て見ぬふりをする意味の「つぶる(をつぶる)」と「つぶて」の語感が似ているせいかもしれない。

    「なしのつぶて」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。