サツキ/皐月/さつき

サツキの意味

サツキとは、ツツジ科の常緑低木。関東以西の川岸の岩山などに自生し、古くから観賞用として栽培されている。杜鵑花。

サツキの由来・語源

サツキは、「サツキツツジ」の下略。
サツキは他のツツジに比べの咲く時期が遅く、陰暦の五月の頃に咲くツツジということから、の名「皐月」が転用されたものである。
月名の「皐月」は耕作に由来し、田のに祈るため苗代に挿す花もサツキである。
このことから、五月に咲くというだけでなく、農民との関わりの深さも名前の由来に関係していると考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。