冥加/みょうが

意味

冥加とは、知らず知らずのうちに授かっている神仏の加護・恩恵。冥利。冥助。冥応。冥感。思いがけない幸せ

冥加の由来・語源

冥加の「冥」は、「暗い」「覆われて光がないさま」のことで、死後に行くといわれる「冥界」や「冥土」の「冥」も同様の意味からである。
「加」は「神仏の加護」のことで、冥加は隠れていて見聞きできないところから受ける神仏の加護を表す。
知らないうちに授かっている加護の意味から、冥加は思いがけない幸せも意味するようになった。
江戸時代の租税の一である「冥加金」は、冥加を受けたことに対して、寺社に奉納される金品をいったことから転じた言葉である。


TOP