ミズバショウ/水芭蕉/みずばしょう

ミズバショウの意味

ミズバショウとは、サトイモ科の大形多年草。山地の湿原に自生する。

ミズバショウの由来・語源

ミズバショウは、気の多い湿地・湿原に生え、が大きくバショウの葉に似ていることから付いた名で、江戸時代から文献に現れる。
別名「牛の舌(ベコノシタ)」は、葉をの舌に見立てたものである。
尾瀬を歌った『夏の思い出』の歌詞によって特に有名になったため、ミズバショウは尾瀬の特産植物と思われることもあるが、北海道・中部以北、兵庫県などの湿原にも群生する。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。