陣痛/じんつう

意味

陣痛とは、子を分娩する際に起こる規則的な子宮の収縮と、それに伴う痛み。物事を実現させるための苦労。

陣痛の語源・由来

「陣」の漢字には、「ひとしきり」や「にわか」の意味があり、陣痛は一時的に起こる痛みを表す。
「陣」を「しきり」と読むと、出産間際の痛み、つまり陣痛を意味する。
「陣」の漢字は、軍隊や戦いで用いられることが多いため、「陣痛は戦場で陣地を失うの痛みにたとえた語」と言われることもあるが、誰しもが思いつく俗説である。

陣痛の類語・言い換え

出産の陣痛

産痛/いきみ/陣(しきり)/虫気/産みの苦しみ/虫がかぶる

物事を実現させるための陣痛

産みの苦しみ/苦心/腐心/苦心惨憺/苦慮/意匠惨憺/鏤骨/彫心鏤骨/苦吟/呻吟/悪戦苦闘/四苦八苦/七難八苦/苦労/労苦/試練/苦難/苦しみ/骨折り/辛労

TOP