池/いけ

    意味

    池とは、地面を掘ってを湛えたところ。地面の窪地に水が溜まったところ。普通、湖沼より小さいものをいう。

    池の語源・由来

    池の語源は、「いけ(生)」の意味と考えられている。
    その根拠には、を生かせておくところであるため「いけ(生)」とする説と、水が涸れるのに対し「いけ(生)」とする説がある。
    寝殿造りや寺院の庭園に見られる池を元にすれば、魚を生かせておくところと考えられるが、地名に「池」のつくところは稲作が普及した地域と重なることから、涸れないために水を湛えておくところで「いけ(生)」の意味とも考えられ、特定は難しい。

    漢字の「池」の「也」は、「」の原字「它」が変化した文字で、長く伸びた爬虫類の姿を描いた象形文字である。
    「水(三水)」と「也」からなる「池」は、帯状に長く伸びた溝や溜池を表している。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。