玄翁/玄能/げんのう

玄翁の意味

玄翁とは、頭部の両端がとがっていない金槌。大工がのみを叩いたり、石工がを割るときに用いる。

玄翁の由来・語源

玄翁は、玄翁和尚が殺生石を砕いたという、以下の『玉藻前(たまものまえ)伝説』に由来する。
白面金毛九尾の狐が美女に化け、「玉藻前」と名乗って鳥羽上皇の寵愛を受けていたが、陰陽師に正体を見破られて、那須野が原(現在の栃木県那須郡那須町湯本温泉付近)で殺された。
しかし、玉藻前は「殺生石」という毒石と化し、近づく者のを奪った。
そこに訪れた曹洞宗の玄翁和尚が、巨大な槌で殺生石を叩き割って破壊したことから、和尚の名にちなんで「玄翁」と呼ばれるようになった。
和尚の名前に由来するため、げんのうは漢字で「玄翁」と表記するが、「玄能」とも当て字される。

須郡の殺生石

須郡の殺生石

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。