演説/えんぜつ

演説の意味

演説とは、大勢の自分の意見・主義・主張を述べること。演舌。

演説の由来・語源

漢語の「演説」は、「演」が「講釈する」、「説」が「道理・教義・意義」で、道理や意義を述べ解くことを言い、日本でも「演説」はこの意味で使われていた。
江戸時代末期、蘭和辞書『和蘭字彙』では「redevoering(スピーチの意味)」の訳語として当てられた。
これとは別に、福沢諭吉が、中津藩の藩士が上申する際に用いた「演舌書」という文書から、「舌」の字は俗であるとして「説」に替え、英語の「speech(スピーチ)」の訳語に「演説」という造語を用いたことから、明治以降は現在の用法が一般化した。
『和蘭字彙』で「スピーチ」を意味する言葉として「演説」が扱われてはいるが、その時点では一般化されておらず、福沢諭吉の造語から広まっているため、現在多く使用される意味の「演説」と、道理や意義を説き明かす意味の「演説」は語源が異なると見るべきである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。